インフォメーション

2012年

建物は何年くらいもちますか?
 木造の場合、減価償却年数は22年ですが、弊社の物件は住宅性能評価の「劣化対策等級2」相当の基準で施工を行っております。
 劣化対策等級2とは、「通常想定される自然条件および維持管理の条件の下で2世代(おおむね50年~60年)まで、大規模な改修工事を必要とするまでの期間を伸長するための対策が講じられている。」と判断される基準ですので、長期にわたりお客様の資産価値を維持できるものと考えております。

その他ご質問は下記よりお寄せください。

  • お問い合わせ・資料請求

よく見られているご質問はこちら

[無料 資料請求]パンフレット&DVDプレゼント

土地がなくても、自己資金が少なくてもアパート経営はできる

このページの先頭へ

[資料請求]アパート経営のノウハウ満載:無料パンフレット&DVDプレゼント

お電話でのお問い合わせは0120-54-1143 / 受付時間10:00〜21:00(日・祝除く)

ご質問・ご相談はご意見箱よりお寄せください