認められたのは、
ワンルーム空間の可能性。

シノケンのデザイナーズアパート 「New Standard “BRICK” / “PLATFORM”」 主力商品でグッドデザイン賞をダブル受賞

認められたのは、
ワンルーム空間の可能性。

シノケンのデザイナーズアパート 「New Standard “BRICK” / “PLATFORM”」 主力商品でグッドデザイン賞をダブル受賞

積み重ねてきた実績と
設計手法が、
導いたカタチです。

スキップフロアの採用と、抑制の効いた外観。
ワンルーム市場に新たな個性をもたらします。

その設計手法は、
敷地条件をクリアするため
でもありました。

重ねることで、ワンルームはフレキシブルになる。

今回の受賞対象となったNew StandardのBRICK とPLATFORM は、「ワンルームアパート」という制約の中にある商品です。

建築されるオーナーの要望、敷地の広さや形状、周辺の環境、対象とする入居者像など、商品を成立させる前提がそれこそ千差万別です。アパートの建設にまつわるこれらの諸要件を踏まえた上でなお、シノケンのデザイナーが目指したのは、さらなる住み心地の向上と、生活の個性化でした。
さらに、これが実現できれば、アパートとしての競争力=入居率の向上にも結びつく。実現へのキーとなったのは、スキップフロアの大胆な活用でした。

デザインのためのデザインではなく、住み心地や機能の追求から生まれた、いわば、市場が鍛えたデザインであること。なによりも、それを誇りたいシノケンのNew Standardです。

What’s New Standard “BRICK”

空間をユニットに整理し、スキップフロアで立体化することで
敷地対応力と快適な居住性を実現

ワンルームアパートは敷地にできるだけ多い戸数の収容が求められます。このため一部屋あたりの面積は制限され、そこに生活アイテムが詰め込まれるため、どうしても窮屈になりがちでした。
この解消を目指して、ユニットによる空間機能の明確化と、それらを有機的につなげるスキップフロアを採用しました。

水廻り、居住空間、ロフトと、3つのユニットを構成し、
それを相互に組み合わせ、階段で有機的に結ぶ。

多層化することで居住空間にコントラストが生まれます。視界に変化がもたらされ、実際の床面積以上に広く感じることができます。水廻り関連はコンパクトにまとまり機能的になります。
ロフトは単なる収納を超えて、一部屋として利用できる広さを確保。空間を行き来する楽しさを、入居者に提供します。

What’s New Standard “PLATFORM”

スタイリッシュかつ強度も保持。
コンパクトながらワンルームとは思えない大きなゆとりを実現。

PLATFORM は居室と、水廻りユニット、水廻りユニット上部のロフトで一部屋を成立させる住宅ユニットとなっています。さらに、互いの水周りユニットを食い込ませ、2戸を合わせ1セットにすることによって、集合住宅の1単位として構成されます。コンパクトにすることで敷地を無駄なく活かしながら、居室の空間を最大限確保しました。入居者の多様な生活スタイルに対応する、自由度の高い生活空間を提供します。

シノケンのデザイナーズアパート。

それは単なる生活空間の提供にはとどまらず、より快適な環境を創り出します。
中でも「New Standard」は、主力商品としてもっとも人気のあるシリーズです。
常に進化を目指し続けるシノケン デザインチームにとって、NewStandardの新たなバリエーション「BRICK」と「PLATFORM」は、チャレンジの具象化です。
グッドデザイン賞2016年受賞の栄誉を得られたことは大きな喜びであり、これからも、さらに進化を続けます。

入居者とオーナー、
そして周辺環境への
グッドデザインでもあります。

重ねることで、ワンルームが自由で多様になる。

言うまでもなくデザイナーズアパートとは、それを所有されるオーナー様の資産です。しかし同時にそれは、物件周辺の景観や環境に大きな影響を及ぼしかねない社会的な資産でもあります。

だからこそ、心やすらぐ美しい街並の形成に、少しでも貢献できるようなアパートを建築していきたい。建てるなら、周辺環境の価値向上にも結びつくような1棟を。アパートを建築し、供給する側として、そんな思いをシノケンはいつも抱いてきたのでした。今回のグッドデザイン賞受賞は、そうした歩みのひとまずの結実。

入居者には心ひろがる生活を、周辺環境には質の高い景観を。
オーナー様には価値ある資産をお届けします。

デザインチームに聞く

「限りあるワンルームの、
可能性は限りない」

シノケン デザインチーム

オーナー様のことを考え、入居者を思い、敷地の特性を見極めるアパートづくりの積み重ねが、
スキップフロアという大胆な手法に結びつき、グッドデザイン賞の受賞に輝きました。
そんなシノケンのモノづくりへのこだわりをシノケンのデザインチームに語ってもらいました。

今回の受賞の評価のポイントは?
「ワンルームというと、通常は20 ㎡ぐらいの床面積です。この限定された小さな空間で、さまざまな敷地形状と入居者の多様性に最大限合わせられることが、評価の大きな要素だったようです。」
実際に設計する上で
重要視したポイントは?

「通常のロフトの場合は2.4m 以上の高いところにあります。これでは、結局は物置のようになって、空間としてはあまり機能しなくなります。階段も長くなり、生活スペースとの距離が遠くなるのが原因でしょうか。

ところが、スキップフロアにして、ロフトの高さを抑えられれば、利用範囲が大きく拡がります。水回りと居室、ロフトの関係が一体的になり、より近い関係になります。そしてロフトが『活用できる空間』として機能します。20 ㎡しかない空間にとって、使われないスペースがあることはもったいないし、空間の距離の近さは、ワンルームにとって大きなポイントだと思います」

「デザインのためのスキップフロア採用ではなく、ワンルームという限りある空間を、どう機能的にフル活用できて、心地よいものにできるかということを考えて設計しています。そういう意味では、デザインのためにというのではなくて、ニーズを形にした結果です。現実に、このロフトは入居者様からも好評で、入居希望者も増えています。」

外観のデザインについて

「もしも今回の受賞が、外観デザインだけでの受賞ということなら、複雑だったと思います。住む人の気持ちや使い勝手を置き去りにして、デザインを優先することには違和感を感じます。」

「住宅であるなら、そこに住む人が必ずいるわけで。その人たちの生活スタイルをきっちり取り込み、デザインして、さらに外観もそれにあわせて素晴らしいというのが道筋だと考えています。
賃貸住宅は外観だけで入居者を集めることには限りがあります。入居者の生活スタイルに対応して、さらに何らかの使える付加価値がなければ、なかなか入居には結びつきません。外観デザインが良くても空室があるのでは、オーナー様のお役には立てません。居住性と外観ともに質の高い調和が必要です。」

『モノづくり』にこだわる。
その集積が展望を拓くパワーに。

「確かに工場で生産し、現場にノックダウンするという方式をとれば製品としての均質性は保て、工期も短縮できます。それでも弊社は個別対応を行います。

敷地の条件や、入居ニーズに、同じものなどありません。1棟1棟をいい建物にしたいと思うのなら、個別対応は当然です。弊社は、1棟1棟を、オーナー様にとって価値ある資産に、いい建物にしたいと考えています。会社としてのこだわりですね。」

「それに、街の風景を作るものは、建物だと思うんです。そうなら、私たちの仕事もその一翼を担っているわけです。かつては地域によって景観は違っていました。飛騨の合掌造りではないけれど、地域で建物が違っていたからです。それが良いんじゃないかなと思います。企業にとっては生産や施工の合理性は大事なものですが、だからといって、全国津々浦々にまったく同じ建物が建ち上がることには違和感を感じます。こういう意味でも、弊社の個別対応は、非合理かもしれませんが、想いがあるのです。」

グッドデザイン賞は、約60年の歴史を持つ、様々に展開される事象の中から「よいデザイン」を選び、顕彰することを通じ、私たちのくらしを、産業を、そして社会全体を、より豊かなものへと導くことを目的とした公益財団法人日本デザイン振興会が主催する「総合的なデザインの推奨制度」です。

グッドデザイン賞を受賞したデザインには「Gマーク」をつけることが認められます。
「Gマーク」は、「よいデザイン」の指標として、その役割を果たしています。