金利上昇への備え【アパート経営のシノケン】

アパート経営をお考えの方へ

不動産投資に関するリスクヘッジ「金利上昇への備え」

金利が上がった時は大丈夫?

調達金利はできるだけ低く抑え、利回りの高い商品を選ぶことが重要です

イールドギャップイメージ

収益物件購入時に金利上昇のリスクを検討する場合、その物件の表面利回りから、融資の受けた際の調達金利を差し引いたパーセンテージがどれだけあるかを考えます。

この差し引いた数値のことをイールドギャップと呼びます。イールドギャップの数値が高ければ、それだけリスクが低くなると考えられます。

シノケンでは金融機関からの高い評価によりお客様に有利な
資金調達の紹介が可能です

住宅ローンとは異なり、不動産投資では「どの会社から買うのか」で金利が大きく変わります。実績があり、提携金融機関を多く持つ販売会社なら、有利な条件での借入を斡旋できます。

シノケンにはこれまで数多くのお客様を金融機関にご紹介させて頂いてきた実績と信頼がありますので、一般的な調達金利よりも低くお客様にご紹介させて頂くことが可能です。

有利な資金調達のイメージ

1%台から紹介可能な調達金利に加え、シノケンの収益物件の利回りは
平均6~7%と高水準なため、安心してアパート経営が行えます

シノケンの収益物件は手間のかかる自社設計・自社施工を敢えて行い、徹底して品質を高めることでコストダウンを実現。そのため平均して6~7%という高い表面利回りを得ることができます。

調達金利を低く抑えることで、イールドギャップも確保でき安定的に高い収益が見込めます。

金利上昇に対するリスクヘッジ

シノケンでは高利回りのアパートを低金利の銀行融資でご提案させて頂く事により、
毎月のキャッシュフローを積立てることができます。万一、金利が上昇した際には、
繰り上げ返済等で収支バランスをコントロールすることができます。

[無料 資料請求]パンフレット&DVDプレゼント

アパート経営をお考えの方は実績豊富なシノケンにお任せください。
シノケンなら『土地がなくても、自己資金が少なくても、アパート経営はできる!』

土地がなくても、自己資金が少なくてもアパート経営はできる

このページの先頭へ

[資料請求]アパート経営のノウハウ満載:無料パンフレット&DVDプレゼント

お電話でのお問い合わせは0120-54-1143 / 受付時間10:00〜21:00(日・祝除く)

ご質問・ご相談はご意見箱よりお寄せください