不動産投資用語集

元金均等返済

元金均等返済とは、住宅等を購入する際のローン返済方法のひとつで、毎回の返済額が、支払い開始から支払い終了まで、元金部分を均等割りにし、それに、元金残高により計算された利息を組み合わせたものになります。 最初は利息部分が多いので、支払金額が大きく、元金の減少にしたがって、利息部分が減少して、支払金額が減っていきます。 最初のうちは支払額が大きいが、元金が均等に減るため、「元利均等返済」に比べると利息総額が少なくなります。

関連キーワード

[無料 資料請求]パンフレット&DVDプレゼント

土地がなくても、自己資金が少なくてもアパート経営はできる

このページの先頭へ

[資料請求]アパート経営のノウハウ満載:無料パンフレット&DVDプレゼント

お電話でのお問い合わせは0120-54-1143 / 受付時間10:00〜21:00(日・祝除く)

ご質問・ご相談はご意見箱よりお寄せください