不動産投資用語集

不動産取得税

不動産取得税とは、住宅、アパート、マンションなどの不動産物件や土地などを取得した場合にかかる税金のことを言います。 不動産取得税は、一部の条件(相続による取得など)を除き、登記の有無に関係なく、不動産物件の売買・贈与・交換・建築(新築・増築・改築)を行なった時に納めます。 不動産取得税の申告は、不動産を取得した日から60日以内に、取得した不動産在地の市町村を通じて県総合(県税)事務所に不動産取得税申告書を申請します。 なお、不動産取得税は納税通知書により定められた期限内に納める必要があります。

[無料 資料請求]パンフレット&DVDプレゼント

土地がなくても、自己資金が少なくてもアパート経営はできる

このページの先頭へ

[資料請求]アパート経営のノウハウ満載:無料パンフレット&DVDプレゼント

お電話でのお問い合わせは0120-54-1143 / 受付時間10:00〜21:00(日・祝除く)

ご質問・ご相談はご意見箱よりお寄せください