不動産投資用語集

瑕疵担保責任についての特約の制限

瑕疵担保責任についての特約の制限とは、宅建業者が自ら売主となる宅地、または建物の売買契約においては瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)についてこれを負う期間(民法570条において準用する同法566条3項に既定する期間)をその目的物の日から2年以上とする場合を除き、民法に規定するものより買主に不利な特約とは瑕疵担保責任を負わないとするもの、これを負う期間を買主が知ったときより一年未満の期間とすることのほか、契約解除も損害賠償も認めず補修のみを行おうとするもの、瑕疵の個々のよっては責任を負わないとするものなどがあげられます。

[無料 資料請求]パンフレット&DVDプレゼント

土地がなくても、自己資金が少なくてもアパート経営はできる

このページの先頭へ

[資料請求]アパート経営のノウハウ満載:無料パンフレット&DVDプレゼント

お電話でのお問い合わせは0120-54-1143 / 受付時間10:00〜21:00(日・祝除く)

ご質問・ご相談はご意見箱よりお寄せください