50音表示: 
か行
情報カテゴリ: 
不動産投資
アパート経営
土地・土地活用
更新日: 
日曜日, 4月 22, 2012
記事テキスト: 

瑕疵担保責任についての特約の制限とは、宅建業者が自ら売主となる宅地、または建物の売買契約においては瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)についてこれを負う期間(民法570条において準用する同法566条3項に既定する期間)をその目的物の日から2年以上とする場合を除き、民法に規定するものより買主に不利な特約とは瑕疵担保責任を負わないとするもの、これを負う期間を買主が知ったときより一年未満の期間とすることのほか、契約解除も損害賠償も認めず補修のみを行おうとするもの、瑕疵の個々のよっては責任を負わないとするものなどがあげられます。

関連キーワード: 

カスタム

インフォメーション
オーナーインタビュー
収益物件 トップページ
収益物件 一覧ページ

ユーザーログイン

Powered by Drupal
2020.10.26
竹田駅近
地下鉄烏丸線 竹田駅 徒歩10分
近鉄京都線 伏見駅 徒歩14分
2020.10.23
亀島駅近
地下鉄東山線 亀島駅 徒歩5分
JR東海道本線 名古屋駅 徒歩10分
2020.10.22
中野栄町駅近
JR仙石線 中野栄駅 徒歩6分