情報カテゴリ: 
更新情報
記事テキスト: 





アパート経営に必要な初期費用はいくら?費用項目と相場について解説

不動産投資の初心者必見!不動産投資の基本と始め方

アパート経営をはじめる際、最初に気になるのが事前に準備する資金です。土地の購入費用や建物の建築代金以外にもさまざまなことにお金がかかります。「どれくらいの資金があればはじめられるのか」気になる方も多いでしょう。また、「大金が必要」と思いあきらめている方もいるのではないでしょうか。

アパート経営は、アパートローンなどを利用して資金調達を行うのが一般的です。しかし、「そもそも費用の相場がわからない」「見積もりを出されても高いのか安いのかわからない」と不安な方もいるでしょう。そこで、今回はアパート経営に必要な初期費用とその費用の項目や相場に焦点をあてて解説します。


アパート経営の初期費用はいくらか

不動産投資の初心者必見!不動産投資の基本と始め方

最初に、物件購入時にかかる初期費用はいくらくらいかかるのか、その費用と相場について解説します。


アパートの取得費

・概要

土地と建物の本体を取得する費用が、「アパートの取得費」です。土地は、立地条件や利便性、形状によって価格が大きく異なります。建物は、木造や鉄筋コンクリート造りなどの構造や部屋数、設備、グレードによって建築費が大きく異なるのが特徴です。初期費用の中で費用の大半を占めるのが「アパートの取得費」となります。

「土地なし」からはじめる場合には、周辺地域の利便性や賃貸ニーズなどの市場調査を行い慎重に選定することが必要です。賃貸ニーズの高い主要都市で、駅から徒歩10分圏内など立地条件が良好なエリアから選定することが賢明でしょう。また、建物は家屋の構造が建築費を決める大きな要因になります。


・1坪当たりの取得費用

建物構造別の1坪当たりの工事費を全国平均で見ると、以下のようになります。

<構造別 共同住宅(全国平均)工事費予定額>

木造 鉄骨鉄筋コンクリート造 鉄筋コンクリート造 鉄骨造
約55.5万円 約83万円 約79.3万円 約78.3万円

年: 
2020
更新日: 
日曜日, 12月 20, 2020
関連ページフリーHTML: 

アパート経営おすすめコンテンツ

関連記事

ニュースの種別: 
シノケンプロデュース
メディア掲載ページに表示: 
非表示

カスタム

インフォメーション
オーナーインタビュー
収益物件 トップページ
収益物件 一覧ページ

ユーザーログイン

Powered by Drupal
2020.10.26
竹田駅近
地下鉄烏丸線 竹田駅 徒歩10分
近鉄京都線 伏見駅 徒歩14分
2020.10.23
亀島駅近
地下鉄東山線 亀島駅 徒歩5分
JR東海道本線 名古屋駅 徒歩10分
2020.10.22
中野栄町駅近
JR仙石線 中野栄駅 徒歩6分