情報カテゴリ: 
MEDIA情報
記事テキスト: 

「不動産住宅ジャーナル」2015年11月号にアパート経営のシノケンが掲載されました。



アパート243棟過去最高の引渡実績

第3四半期業績 不動産販売事業が依然好調

(株)シノケングループ(篠原英明代表取締役)は11月9日、平成27年12月期第3四半期の連結業績を発表しました。

 それによりますと、同期間は主力事業であるフロービジネス(アパート販売、マンション販売、ゼネコン事業)の販売状況が好調なことや、ストックビジネス(不動産賃貸管理、金融・保証関連、介護関連、その他の事業)も順調に推移したことにより、売上高417億8500万円(前年同期比37.5%増)、営業利益55億700万円(同42.2%増)、経常利益53億円7500万円(同45.9%増)、当期純利益35億5300万円(同50.6%増)となり、売上高および各利益ともに計画を上回るとともに、第3四半期の業績としても過去最高の売上高及び各利益を達成、加えて前期(通期)の業績を上回り、過去最高の売上高・利益も達成しました。

 第3四半期の事業別の売上高(カッコ内は営業利益)をみますと、アパート販売事業が対前期比101億6700万円増の177億100万円(21億5800万円)、マンション販売事業が同4億2200万円減の113億2700万円(27億4400万円)、ゼネコン事業が同6億2200万円増の66億9700万円(7億5800万円)、不動産賃貸管理事業が同7億4900万円増の47億3600万円(4億6600万円)、金融・保証関連事業が同9300万円増の4億1000万円(1億6000万円)、介護関連事業が同1億6000万円増の3億1700万円(8600万円)、その他の事業が同4500万円増の5億9300万円(1億800万円)となっています。

 このうち、主力の不動産販売事業における販売状況をみますと、アパート販売事業の引渡実績(カッコ内は前年同期実績)は243棟(124棟)、受注残(同)は308棟(204棟)、合計551棟(328棟)で、前年同期比68.0%増となっています。また、マンション販売事業の引渡実績(同)は440戸(457戸)、契約残(同)は91戸(60戸)、合計531戸(571戸)で、同2.7%増となっています。

 同社では、こうした好調な業績動向を踏まえ、さきに公表していた当期の業績予想と中期(平成28年12月期~30年12月期)の業績見通しをいずれも上方修正、さらに当期の期末配当も1株当たり6円25銭から8円へ1円75銭増配すると発表しています。

年: 
2015
更新日: 
水曜日, 12月 2, 2015
ニュースの種別: 
シノケングループ

カスタム

インフォメーション
オーナーインタビュー
収益物件 トップページ
収益物件 一覧ページ

ユーザーログイン

Powered by Drupal
2020.10.26
竹田駅近
地下鉄烏丸線 竹田駅 徒歩10分
近鉄京都線 伏見駅 徒歩14分
2020.10.23
亀島駅近
地下鉄東山線 亀島駅 徒歩5分
JR東海道本線 名古屋駅 徒歩10分
2020.10.22
中野栄町駅近
JR仙石線 中野栄駅 徒歩6分