インフォメーション

2015年

「ビズスタ」2015年4月24日号にシノケンが掲載されました。2015.04.24

日経新聞折込「ビズスタ」にアパート経営のシノケンが掲載されました。

会社員の身分のまま「資産2億円」を目指す方法
「そんな夢のような話を」で片づける前にまずはご一読いただきたい。 本当に道が開かれるかも・・・?

今月10日、日経平均株価が一時2万円台を回復。 実に15年ぶり、あの「ITバブル」時代以来の朗報に市場は沸いたが、 景気回復はまだまだこれからだ。
こうしたニュースに触れると否が応でも投資熱が高まってくるが、 これまでの経験から、やはり安心感を優先したいと思うのが人情。 となると、浮上するのは不動産投資だ。 できればマンションのひと部屋を買うのではなく、 まるごと一棟を経営したいが、一般の会社員が集合住宅を建てるような 資金を用意するのは夢の夢・・・ごもっとも。 だが、100万円程度の自己資金から始められるとしたら、どうだろうか。

 東証ジャスダック上場の「シノケングループ」傘下のシノケンプロデュースは、 全国で投資用デザイナーズアパートを展開するアパート経営の専門企業だ。 25年の歴史の中で2000棟以上という供給実績を背景に、生涯にわたる 資産形成をサポート。 顧客は大半が会社員や公務員で、最近は女性も増えているという。
 同社の強みは、普通の会社員でも頭金ゼロでアパート、 それも新築(!)1棟の経営を始められるという独自のシステムだ。 年収500万円以上あれば、100万円程度の資金さえあれば、 自分でアパートを建てられる・・・ちょっと耳を疑うような話だ。
 これは、土地+建物の物件価格の100%融資を受けることが可能 ということを意味する。土地の購入から始めるアパート経営において、 会社員が頭金ゼロで100%融資を受けられるシステムは、 業界では画期的だったそうだ。 では、なぜそんなことが可能なのか。 実は、先に触れた同社の実績に理由がある。
 同社物件の入居率は、創業から現在(2015年3月末現在)で、 実に約98%という高水準で安定的に推移しているという。 オーナーにとっては「入居者を集める力」の証明だが、 提携金融機関の目には「収益性、資産価値が高い物件」と映る。 これを四半世紀にわたって積み上げてきたのだから、 まさに「信用の賜物」であるわけだ。

 さらに、「2億円の資産を作ることも夢ではない」 というから衝撃的。言われてみれば、極論すれば 「入居者が集まりさえすればよい」アパート経営の場合、 スキーム自体は非常にシンプルだ。 安定的な家賃収入を得て、それをベースに 2棟目、3棟目と横展開すれば、資産総額は自ずと増えていく。 最大の難関となる「事業資金」と「入居率」の問題がクリアできるなら、 確かに・・・と思わせるものがある。
「そうは言っても、多額のローンを組むのは」とお思いだろうが、 団体信用生命保険が組み込まれているので、不安は軽減できる。 自分の身に万一のことがあれば残債は完済され、 家族に「無借金の状態」で土地・建物と収入源(家賃) を残すことが可能とか。しかも、グループのバックボーンを備える同社は、 収支計画から土地選定、設計・施工、入居者募集、管理業務までを 一括サポート。全国の主要都市の需給動向に精通し、 しかも保険代理店や家賃滞納保証の専門会社まで抱える 同社グループのスケールメリットを存分に享受できる仕組みとなっている。
 同社では、セミナーを開催。リスクについてもフェアに開示してくれるので、 まずは参加してみるとよいだろう。

[無料 資料請求]パンフレット&DVDプレゼント

土地がなくても、自己資金が少なくてもアパート経営はできる

このページの先頭へ

[資料請求]アパート経営のノウハウ満載:無料パンフレット&DVDプレゼント

お電話でのお問い合わせは0120-54-1143 / 受付時間10:00〜19:00(日・祝除く)

ご質問・ご相談はご意見箱よりお寄せください