インフォメーション

2012年

不動産投資で相続税の対策が出来るときいたことがありますが、具体的にはどのような対策なのでしょうか?
以下は一般論としてのご回答になりますので、詳細は税理士にご確認ください。弊社でも不動産に詳しい、提携税理士事務所がありますので、ご紹介させて頂きます。相続税の計算のもととなる土地の相続税評価額は、更地の状態ではそのままの評価額ですが、アパートなどの「貸家」の敷地となっていると相続税評価が引き下げられるといった税制になっています。さらに、アパートなどの用地は「貸付事業用宅地」となり200平方メートルまで課税対象額が50%減額されます。また建物の評価は固定資産評価額(建築価格の概ね6割)で評価しますが土地と同様建物も、アパートなどの「貸家」はこの評価額から、借家評価となるため、固定資産税評価が減額されます。このように不動産投資を行い、土地を「貸家建付地」、建物を「貸家」としておくことによって、相続税評価のもとなる金額を減らすことができ、相続税を減らすことが出来ます。また、所有者が亡くなった時に、アパートローンが残っていますと、借入れ残高を相続税対象額から差し引くことができ、さらに相続税を減らすことが出来ます。

その他ご質問は下記よりお寄せください。

  • お問い合わせ・資料請求

よく見られているご質問はこちら

[無料 資料請求]パンフレット&DVDプレゼント

土地がなくても、自己資金が少なくてもアパート経営はできる

このページの先頭へ

[資料請求]アパート経営のノウハウ満載:無料パンフレット&DVDプレゼント

お電話でのお問い合わせは0120-54-1143 / 受付時間10:00〜19:00(日・祝除く)

ご質問・ご相談はご意見箱よりお寄せください