情報カテゴリ: 
アパート経営について
質問記事テキスト: 

アパート経営するなら築浅の中古が良いと友人に聞いたのですが本当でしょうか?その場合、築何年くらいまでがいいのでしょうか?お得な物件の見分け方などあれば教えてください。

回答テキスト: 

築浅とは概ね、築5年前後迄の物件を指します。築年数が古い物件になればなるほど利回りの高い物件が多くなり魅力的に見えますが、隠れた修繕費用や入居募集にデメリットが出てくることを考えると、築年数が浅いほどリスクは少ないと考えられるでしょう。但し、当然のことですが、魅力ある収益物件であれば手放す必要はないので、市場に出回る物件には何らかのリスクがあると考えて良いかと思われます。中古物件の場合、修繕費やリフォーム費用、設備の交換など、単純な利回り表示ではわからないコストが多くありますので、慎重なご検討をお勧めいたします。

更新日: 
木曜日, 4月 26, 2012

カスタム

インフォメーション
オーナーインタビュー
収益物件 トップページ
収益物件 一覧ページ

ユーザーログイン

Powered by Drupal
2020.10.26
竹田駅近
地下鉄烏丸線 竹田駅 徒歩10分
近鉄京都線 伏見駅 徒歩14分
2020.10.23
亀島駅近
地下鉄東山線 亀島駅 徒歩5分
JR東海道本線 名古屋駅 徒歩10分
2020.10.22
中野栄町駅近
JR仙石線 中野栄駅 徒歩6分