インフォメーション

2012年

アパート経営するなら築浅の中古が良いと友人に聞いたのですが本当でしょうか?その場合、築何年くらいまでがいいのでしょうか?お得な物件の見分け方などあれば教えてください。
築浅とは概ね、築5年前後迄の物件を指します。築年数が古い物件になればなるほど利回りの高い物件が多くなり魅力的に見えますが、隠れた修繕費用や入居募集にデメリットが出てくることを考えると、築年数が浅いほどリスクは少ないと考えられるでしょう。但し、当然のことですが、魅力ある収益物件であれば手放す必要はないので、市場に出回る物件には何らかのリスクがあると考えて良いかと思われます。中古物件の場合、修繕費やリフォーム費用、設備の交換など、単純な利回り表示ではわからないコストが多くありますので、慎重なご検討をお勧めいたします。

その他ご質問は下記よりお寄せください。

  • お問い合わせ・資料請求

[無料 資料請求]パンフレット&DVDプレゼント

土地がなくても、自己資金が少なくてもアパート経営はできる

このページの先頭へ

[資料請求]アパート経営のノウハウ満載:無料パンフレット&DVDプレゼント

お電話でのお問い合わせは0120-54-1143 / 受付時間10:00〜21:00(日・祝除く)

ご質問・ご相談はご意見箱よりお寄せください