情報カテゴリ: 
アパート経営について
質問記事テキスト: 

銀行借り入れは3年固定2.8%で試算をされているようですが、30年の返済期間中に金利が上がって収支が赤字になり、月々の返済が不可能になった場合はどのような対応が考えられますでしょうか。

回答テキスト: 

 現在、直近での金利上昇は非常に考えにくいのですが、仮に、上昇した場合、金利が上がること自体、世の経済情勢が上向きにあがっているという状況ですから、家賃収入の利益幅等の調整で対応できます。

 また、不動産価格そのもののが上昇することも考えられます。

仮に、金利が上昇した場合にも、アパート経営はイールドギャップの観点からも金利リスクには強い不動産投資であるといわれます。

更新日: 
木曜日, 10月 18, 2012

カスタム

インフォメーション
オーナーインタビュー
収益物件 トップページ
収益物件 一覧ページ

ユーザーログイン

Powered by Drupal
2020.10.26
竹田駅近
地下鉄烏丸線 竹田駅 徒歩10分
近鉄京都線 伏見駅 徒歩14分
2020.10.23
亀島駅近
地下鉄東山線 亀島駅 徒歩5分
JR東海道本線 名古屋駅 徒歩10分
2020.10.22
中野栄町駅近
JR仙石線 中野栄駅 徒歩6分