情報カテゴリ: 
具体的なご相談
質問記事テキスト: 

数年後に自宅の購入を予定していますが、自宅用と事業用のローンは別々に組めるのでしょうか?

また、アパートの耐用年数はどれぐらいでしょうか?

仮に15年とした場合、都内ではおおよそ物件価格の何割ぐらいが頭金として必要ですか?



当方、32歳、妻、子一人、夫婦共医師、預貯金&不動産少々、借入金無。

回答テキスト: 

 ご自宅と事業用のローンは別々に組む事は可能です。

実際多くのオーナー様は双方のローンをお持ちになられています。

 また、アパートの減価償却年数は税法上22年ですが、弊社の物件は住宅性能評価の「劣化対策等級2相当」の基準で施工を行っております。劣化対策等級2とは、「通常想定される自然条件および維持管理の条件の下で2世代(おおむね50年~60年)まで、大規模な改修工事を必要とするまでの期間を延長するための対策が講じられている。」と判断される基準ですので、長期にわたりお客様の資産価値を維持できるものと考えております。

 自己資金については都内の場合、通常平均ご用意されている額は仮に7000万円(土地、建物セット価格)の購入物件としますと、約1割ですが、物件によりますのでぜひ一度ご相談頂ければと思います。

更新日: 
木曜日, 10月 18, 2012

カスタム

インフォメーション
オーナーインタビュー
収益物件 トップページ
収益物件 一覧ページ

ユーザーログイン

Powered by Drupal
2020.10.26
竹田駅近
地下鉄烏丸線 竹田駅 徒歩10分
近鉄京都線 伏見駅 徒歩14分
2020.10.23
亀島駅近
地下鉄東山線 亀島駅 徒歩5分
JR東海道本線 名古屋駅 徒歩10分
2020.10.22
中野栄町駅近
JR仙石線 中野栄駅 徒歩6分