メディア掲載情報 新聞・雑誌・TV等に紹介された情報はこちら

雑誌「FRaU7月号」にシノケンが掲載されました。2014.06.12

雑誌「FRaU7月号」にシノケンが掲載されました。

シノケンでは2,000棟以上の収益物件を作り上げた実績とノウハウにより、
これまで数多くの女性アパートオーナー様の誕生をサポートしてまいりました。
7月12日(土)に開催予定の女性向けアパートセミナーのほかにも、
初心者の方を対象にした無料セミナーや個人セミナーも定期開催中ですので、
是非お気軽にお問合せ・ご参加ください。


●ご相談・資料請求はこちらから
●セミナーのお申込みはこちらから

「帝国ニュース九州版」にシノケンが掲載されました。2014.06.02

シノケングループが雑誌「帝国ニュース九州版」に掲載されましたので、ご紹介します。
以下原文

建設会社買収でマンション建設を内製化

アパート・マンション販売など不動産関連事業の子会社を傘下に持つ株式会社シノケングループ(福岡市、東証JASDAQ上場、代表篠原英明氏)は2月、建設会社、株式会社小川建設(新宿区)の株式を間接的に取得して完全子会社化、自社マンション建設を内製化して競争力の強化を図る。

内製化でコスト競争力の強化

 シノケングループは小川建設を傘下に持つ資産管理会社の株式会社吉村商会(新宿区)の全株式を2月7日付で取得、その子会社である株式会社ヨシムラ・RE・ホールディングス、孫会社にあたる小川建設と小川建物の4社を完全子会社にした。ヨシムラ・RE・ホールディングスは東証ジャスダック上場の株式会社プロパストの株式15.41%を保有しているため、今回の株式取得により、シノケングループがプロパストの筆頭株主となった。また、同日付で吉村商会を株式会社SKG NEXTに、ヨシムラ・RE・ホールディングスを株式会社SKG INVESTに社名変更した。取得費用は吉村商会の株式取得価額及びアドバイザリー費用を含めて約26億円。

 今回の買収について篠原社長は、「小川建設は創業明治42年の老舗ゼネコンであり、100年以上に亘って培われた技術と信頼が強み。当社グループの年間50~60億円の新築マンション工事の一部を内製化するコスト競争力の獲得ばかりではなく、アベノミクスを背景とした、新規受注も大幅に増加している。今後の連結業績への貢献に大いに期待したい。」と話す。

サ高住の入居率向上図る

 同社は介護関連事業の強化にも注力している。昨年8月、板橋区のサービス付き高齢者向け賃貸住宅(サ高住)「寿らいふ ときわ台」を運営開始したのに続いて、板橋区高島平と福岡市東区香椎浜のサ高住を取得、ネット広告などの強化により入居率が向上している。また、昨年傘下に収めた少額短期保険会社、ジック少額短期保険株式会社を通じて、高齢者向け保険の新規開発など介護関連サービスの充実も検討している。
 5月12日に発表した同社の14年12月期第1四半期(連結)の売上高は114億4100万円(前年同期比39.5%増)、営業利益17億2300万円(同62.4%増)、経常利益15億9600万円(同54.5%増)、純利益10億8200万円(同36.3%増)と、売上高と各利益ともに計画を上回り、過去最高益を更新した。マンション販売戸数が196戸(前年同期166戸)と過去最高になったのが主因だ。これに伴い、同第2四半期の純利益も前回予想の9億円から13億円に上方修正した。
 篠原社長は「今後も入居者向けサービスを拡充して、不動産管理というストックビジネスの充実を図っていきたい」と話している。
2014年6月2日号

「BIGtomorrow」2014年5月号にオーナー様が紹介されました。2014.05.01

「BIGtomorrow」2014年5月号にて、
シノケンのオーナー様が紹介されました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
大不況時代を生き抜く賢い2人の人生計画
夫婦で副業 めざせ一億円!!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
給料だけでは子どもたちの学費がたりない!困った夫婦は・・・・・
✰3人の子どもがいるラブ・スカイさん夫婦✰
「子ども3人分の養育費を試算したら、会社の給料だけでは到底たり
ない現実を知り・・・なんとか、ほかに収入を得ようと株やFXに挑戦
しました。ただ、私には合わなかったのか、ことごとく失敗して・・・。
不動産投資に行きつきました。」
株やFXで失敗したのに、さらに不動産投資。奥さんの了解はすぐに得られたのでしょうか?
「はい。私はシュミレーション好きで。子どもの教育資金だけではなく、
80歳まで生きた場合にかかるお金についても細かく試算しています。
不足分をどう補うか、不動産に投資した場合のリスクやローンの返済
計画を数値化したら、納得してくれましたね。」
投資物件は中古ではなく、新築アパートを建てたのはどうして?
「中古物件はある程度の頭金が必要。ローンを組める期間も短くなり
ます。これが、新築物件だとフルローンも可能。ローン期間も長期に
なるのでその間にキャッシュフローを蓄えられるんです。」
3年前にアパート3棟を同時に新築し、土地、建物の費用ほぼ全額を融資
に頼る”荒技”を実現。さらに太陽光電投資も行ない、月の副収入は110万円に!
「おかげで教育費は順調に貯まっています。将来、子どもたちが自分
で進路を決めたときに、『お金がないからあきらめて・・・』とは言いたく
ないですから。といっても、結婚して子どもができるまでは貯金ゼロだっ
たんですけどね。(笑)」

「株主手帳」にシノケンが掲載されました。2014.05.01

シノケングループが雑誌「株主手帳」に掲載されましたので、ご紹介します。
以下原文

第1四半期 売上高・利益ともに計画上回る実績

マンション販売事業が好調

 株式会社シノケングループ(篠原英明代表取締役)は5月12日、平成26年12月期第1四半期の連結業績を発表しました。
 それによりますと、同期間は、主力事業である不動産販売事業が当初の見通しより好調な事や、不動産賃貸管理事業、金融・保証関連事業等も順調に推移したこと等により、売上高114億4100万円(前年同期比39.5%増)、営業利益17億2300万円(同62.4%増)、経常利益15億9600万円(同54.5%増)、四半期純利益10億8200万円(同36.3%増)となり、売上高及び各利益ともに計画を上回るとともに、第1四半期の業績としても、過去最高益を達成しました。
 これを踏まえ、本年2月14日に発表した第2四半期連結累計期間(1月1日~6月30日)の業績予想も上方修正しました。
 第1四半期のセグメント別の売上高(カッコ内は営業利益)をみますと、アパート販売事業が対前年同期比3000万円減の26億8200万円(2億7800万円)、マンション販売事業が同11億3900万円増の52億3500万円(12億5600万円)、新たに進出したゼネコン事業が18億3600万円(1億5700万円)、不動産賃貸管理事業が同1億8400万円増の13億2500万円(1億3900万円)、金融・保証関連事業が4600万円増の1億1300万円(4900万円)、介護関連事業が3800万円増の3800万円(△1600万円)その他の事業が3000万円増の2億800万円(3000万円)となっています。
 このうち、主力の不動産販売事業における受注、販売状況をみますと、アパート販売事業の販売実績(カッコ内は前年同期実績)は43棟(49棟)と僅かに減少しましたが、受注残は173棟(103棟)で、前年同期実績を大幅に上回っています。マンション販売事業の販売実績は、四半期別で過去最高となる196戸(166戸)、契約残は34戸(71戸)でした。
2014年5月号

「ふくおか経済EX」にシノケンが掲載されました。2014.04.02

シノケングループが雑誌「ふくおか経済EX」に掲載されましたので、ご紹介します。
以下原文

新規事業とM&Aで業容をさらに拡大
今期は過去最高の売上・利益を狙う


前期決算で4期連続の増収増益と2期連続の過去最高益を達成した。昨年スタートした介護関連事業では、近くサ高住3棟目を運営、体制を整えている。さらに今年2月には東京のゼネコンをM&A、マンション建設の内製化でコスト競争力を強化する構えだ。

4期連続増収増益、2期連続の最高益に

 2014年12月期は、4期連続の増収増益、さらに2期連続の過去最高という好決算。マンション販売は過去最高の528戸、アパート販売も前年を30棟上回る148棟の販売実績を上げるなど主力業務の伸びが貢献した。「全社員の努力で利益を出せている。利益率とともに自己資本比率も向上し、“筋肉質”の体質が出来上がってきている」と篠原社長は評価する。
 今期も滑り出しは順調だ。年間でマンション530戸、アパートは前期より92棟多い240棟の販売を計画、売上高は34.8%増の350億円、経常利益は16.2%増の31億円と、売上高も過去最高を目指しており、篠原社長は「1カ月たりとも油断できない」としているが、1~2月は計画を上回る実績で推移、アパートも年間240棟超のペースを保っている。

東京の老舗ゼネコンを子会社化

  また2月には、創業明治42年(1909年)の東京の老舗ゼネコン・株式会社小川建設をM&Aによって完全子会社化し、マンション建設の内製化を進めている。
 シノケングループでは、投資用アパートの建築工事はグループ内で行っているが、投資用マンションの建築工事は外部ゼネコンに発注してきた。今回、小川建設の子会社化で投資用マンション建築工事の一部を内製化し、コスト競争力を強化するとともに、小川建設が持つ関東一円の営業拠点を活用して、土地所有者への投資用賃貸住宅の提案も強化したい考えだ。
  また今回、小川建設の資本上位会社である資産管理業の株式会社吉村商会(株式会社SKG NEXTに商号変更)の全株式を取得したことで、その子会社の株式会社ヨシムラ・RE・ホールディングス(株式会社SKG INVESTに商号変更)、孫会社の小川建設、株式会社小川建物(不動産開発・販売)の4社を完全子会社としており、SKG INVESTがジャスダック上場のマンション企画・開発・販売事業を展開する株式会社プロパストの筆頭株主となったため、シノケングループが同社の実質的な筆頭株主となった。
  今後は「相乗効果を狙って事業的にリンクさせる可能性もある」という。

介護事業ではサ高住3棟体制に

 また前期からスタートした介護関連事業では、昨年夏にサービス付高齢者賃貸住宅の第1号として開業した東京都板橋区の「寿らいふときわ台」に続いて、昨年末、福岡市東区香椎浜のサ高住「アクアヴィラ香椎浜」を取得し、「寿らいふアクアヴィラ香椎浜」として運営をスタートした。10階建て全201戸という九州No.1の規模を誇る物件で、もともと介護サービスのない物件であったが、新たに介護職員や看護士を常駐させ、巡回確認サービスを提供し、また病院とも連携して施設への訪問医療を実施するなど、生活支援サービスを充実させるとともに、アメニティ関連の充実にも力を入れている。
  「寿らいふときわ台」、「アクアヴィラ香椎浜」とも順調に入居者が増えており、「秋口くらいには予想より前倒しで満室になる可能性もある」(篠原社長)見通しだ。また東京では同じ板橋区の高島平にも「ときわ台」と同様に既存物件を取得、リノベーションしてデイサービスを併設した高齢者向け賃貸住宅にする。全46戸で、近々ときわ台を含め東京で101戸、福岡を加えた全体では300戸を超える体制となる。
  介護関連事業の見通しについて篠原社長は「初年度だった前期は、初期投資がかさんだが、今期は稼働率も上昇し、最終利益は出せるだろう」としている。
  また前期業績の大幅な伸びと傘下となった小川建設の売り上げが今期から加わるため中期3カ年計画も上方修正した。従来の計画では2015年12月期に売上高270億円、営業利益23億円、経常利益20億円を掲げていたが、同期目標を売上高400億円、営業利益37億円、経常利益35億円に変更、最終年度となる2016年12月期は、売上高450億円、営業利益40億円、経常利益38億円を目指している。
2014年号

ページ

[無料 資料請求]パンフレット&DVDプレゼント

土地がなくても、自己資金が少なくてもアパート経営はできる

このページの先頭へ

[資料請求]アパート経営のノウハウ満載:無料パンフレット&DVDプレゼント

お電話でのお問い合わせは0120-54-1143 / 受付時間10:00〜21:00(日・祝除く)

ご質問・ご相談はご意見箱よりお寄せください