メディア掲載情報 新聞・雑誌・TV等に紹介された情報はこちら

シノケンのデザイナーズアパート主力商品でグッドデザイン賞を
ダブル受賞致しました。2016.09.29

シノケンのデザイナーズアパート「New Standard “BRICK” / “PLATFORM”」主力商品でグッドデザイン賞をダブル受賞致しました。



常に進化を続けるシノケン デザインチームにとって、NewStandard の新たなバリエーション「BRICK」と「PLATFORM」は、チャレンジの具象化です。
グッドデザイン賞2016年受賞の栄誉を得られたことは大きな喜びであり、これからもさらに進化を続けます。

特設ページはこちら


「不動産住宅ジャーナル」2015年11月号にシノケンが掲載されました。2015.12.02

「不動産住宅ジャーナル」2015年11月号にアパート経営のシノケンが掲載されました。

アパート243棟過去最高の引渡実績
第3四半期業績 不動産販売事業が依然好調
(株)シノケングループ(篠原英明代表取締役)は11月9日、平成27年12月期第3四半期の連結業績を発表しました。
 それによりますと、同期間は主力事業であるフロービジネス(アパート販売、マンション販売、ゼネコン事業)の販売状況が好調なことや、ストックビジネス(不動産賃貸管理、金融・保証関連、介護関連、その他の事業)も順調に推移したことにより、売上高417億8500万円(前年同期比37.5%増)、営業利益55億700万円(同42.2%増)、経常利益53億円7500万円(同45.9%増)、当期純利益35億5300万円(同50.6%増)となり、売上高および各利益ともに計画を上回るとともに、第3四半期の業績としても過去最高の売上高及び各利益を達成、加えて前期(通期)の業績を上回り、過去最高の売上高・利益も達成しました。
 第3四半期の事業別の売上高(カッコ内は営業利益)をみますと、アパート販売事業が対前期比101億6700万円増の177億100万円(21億5800万円)、マンション販売事業が同4億2200万円減の113億2700万円(27億4400万円)、ゼネコン事業が同6億2200万円増の66億9700万円(7億5800万円)、不動産賃貸管理事業が同7億4900万円増の47億3600万円(4億6600万円)、金融・保証関連事業が同9300万円増の4億1000万円(1億6000万円)、介護関連事業が同1億6000万円増の3億1700万円(8600万円)、その他の事業が同4500万円増の5億9300万円(1億800万円)となっています。
 このうち、主力の不動産販売事業における販売状況をみますと、アパート販売事業の引渡実績(カッコ内は前年同期実績)は243棟(124棟)、受注残(同)は308棟(204棟)、合計551棟(328棟)で、前年同期比68.0%増となっています。また、マンション販売事業の引渡実績(同)は440戸(457戸)、契約残(同)は91戸(60戸)、合計531戸(571戸)で、同2.7%増となっています。
 同社では、こうした好調な業績動向を踏まえ、さきに公表していた当期の業績予想と中期(平成28年12月期~30年12月期)の業績見通しをいずれも上方修正、さらに当期の期末配当も1株当たり6円25銭から8円へ1円75銭増配すると発表しています。

「ANA INOVATIVE VOICE」にシノケンが掲載されました。2015.11.01

「ANA INNOVATIVE VOICE」にアパート経営のシノケンが掲載されました。




一生をともにできる不動産投資のパートナー シノケングループ

老後や定年後の将来、誰にでもやってくる、来るべき時に備えて、貯蓄や資産運用をしている方、 もしくは実際に行っていなくとも興味がある、考えているという人は多いことだろう。 私たちは生まれてから社会に出るまで、様々な学問に触れながら成長をするが、ことお金のことに関しては教育を受ける機会があまりない。 つまり、多くの人は自分の独学で知識を蓄えたり、また実際を通じた経験を積みながら、覚えていくケースがほとんどだ。 では、投資や資産運用の数ある手法の中で不動産投資と聞いて、どのようなイメージをお持ちだろうか。 多くの人は、ちょっと距離を置いてしまうのではないだろうか。その原因の一つとして、日本がバブルの崩壊を経験したことが大きいだろう。不動産に対する、漠然とした恐怖感である。また、はじめに巨額の投資が必要であったり、何十年と資産価値を保てるのか。入居が都合よく継続するのか。といった不安要素があるからだと思う。さらに、見たこともない電話番号から電話がかかってきて、いきなり営業が始まったというような経験などがある方は、なおさら不信感があるかもしれない。

しかし、そんな不動産投資が持つイメージと真っ向から向き合い、25年という長い間まじめに「資産づくりのスペシャリスト集団®」というテーマを掲げ、成長を続ける企業がある。お客様第一を貫き、飛び込み営業はしない会社、シノケングループだ。1990年、福岡県でたった一人の志から生まれた企業は、耐震偽装事件やリーマン・ショックを乗り越え、地道に成長を続け、株式上場を経て日本全国へと展開している。今回は、そんな同社の想いや、考え方、サービスなどをご紹介しながら、不動産投資への理解を深めてもらいたい。

本誌は羽田空港国内線「ANA LOUNGE」にて、展示しております。
また、資料請求フォームおよび0120-827-004よりご要望頂けましたら、お送りさせて頂きますので、 お気軽にお申しつけくださいませ。

「日経トップリーダー」にシノケンが掲載されました。2015.10.05

「日経トップリーダー」にアパート経営のシノケンが掲載されました。
新興市場5期連続増収ランキングの15位にシノケングループを紹介頂きました。
平均伸び率は21.9%。
また、ROE5期連続10%以上ランキングの2位にも紹介頂きました。平均ROE50.8%。


 景気や市場の変化を乗り越えて成長し続ける企業にはどんな特徴があるのか。 今回5~10年に渡って好業績を続ける上場中堅企業を対象に様々なランキングを作成し、 強さの秘密を探ってみた。上場企業を選んだのは、決算データを補足しやすいため。 分析を試みたのは、東京証券取引所1部、そして新興市場(東証2部、同マザーズ、ジャスダック)の 時価総額500億円未満の企業で、ランキングは5年間と10年間の増収率や増益率の平均伸び率、 ROE(株主資本利益率、毎期10%以上に限定)などだ。
 この10年という歳月を思い出していただきたい。2005年には小泉純一郎首相の下、戦後最長の 好景気が続き、株価も上昇を続けた。だが、翌月1月のライブドアショックで新興企業の株価は急落。 景気に陰りが見えたところで08年秋、リーマン・ショックが勃発。世界景気は急降下した。
 ようやく回復し始めた11年3月、東日本大震災により日本経済は再び打撃を受けた。株価と景気に 浮揚感が出てきたのは12年末に発足した安倍晋三政権がアベノミクスを打ち出し、日銀が異次元の 金融緩和に踏み切ってから。
 つまり、この10年は、激しい景気の変動に見舞われ続けた時期だった。環境激変の中でも成長し続ける 企業の条件の1つに「変化に対応し続ける」ことがある。この10年の環境変化の確度を変えてみれば、 別の姿も浮かぶ。1つはデフレ不況の長期化で、顧客の嗜好、行動が変わり、それについていけない弱い企業のふるい落としが 進んだこと。そしてもう1つは、世界経済が一段と一体化し、国内の中堅・中小企業も直接、海外の中堅・中小企業 と競合するようになったことだ。


 こうしてランキングを見ると、オーナー系企業が上位に入っているのが目立つ。オーナー系ならではの中長期的な 姿勢で経営に臨んでいることが結果につながっているのだろう。もう1つ見えてくるのは、弱い企業が衰退する一方で、 環境変化に応じて新たな事業やビジネスモデルを作り出す企業には逆にチャンスが広がっていることだ。


 今回のランキングに見られる特徴は、停滞・成熟する市場の中でも成長企業が出ていることだ。彼らは伸び悩む市場の中から 拡大する分野を切り出し、巧みに新市場をつくり出している。
 大局観を持ちながら独自の道を行く。今どきの成長の条件は「唯我独尊」なのである。

「PRESIDENT」2015年9月14日号にシノケンが掲載されました。2015.09.08

「PRESIDENT」にアパート経営のシノケンの広告が掲載されました。
アパート経営で年収アップのビジネスパーソンが続々誕生
”土地を所有していない人”でも始められる「新築アパート経営」が注目を集めている。
シノケンがサポートする、この独自の事業モデルについて玉置貴史取締役部長が説明する。

金融機関との提携で100%ローンを実現
 公的年金の不安への不安から、いま、若い世代の間にも「将来の答えは、自らの手で」という考えが広がっている。 加えて、インフレが恒常的なものとなれば、単に預貯金をしているだけでは不十分。積極的な資産運用に関心を持つ人も少なくない。
 そうした中、不動産投資は一つの選択肢だ。しかし、例えばアパート経営などは土地保有者が行うもの。一般の会社員であれば、 地方や郊外の中古物件から・・・。これが通常の認識だろう。
 ところが、その常識を覆したのが創業二五年のシノケンプロデュースだ。「土地を持たない人でも"新築アパート"の経営が可能」 「頭金ゼロ(※1)。初期投資は諸費用の100万円程度」というのがその特徴である。同社の玉置貴史取締役部長は、そうした仕組みを 確率できた理由について、「何より信頼と実績を地道に積み上げた結果」と言う。
 実際に数年前までは、シノケンが販売するアパートの購入においても、500万円程度の自己資金が必要だった。 金融機関サイドに「アパートローンは、基本的に地主が対象」という考えがあったからだ。
 「それが現在、物件価格(土地と建物)について100%のローンが可能となりました。国内屈指の賃貸住宅着工実績や 入居率98%超(※2)という実績、ジャスダック上場という信頼性を金融機関から認められ、独自の提携を実現することが できたためです」
 安定した家賃収入が見込め、ローン返却後は現物資産が残るアパート経営。これを自己資金100万円からスタートできるとあって、 同社物件のオーナーの約9割は会社員や公務員だという。

リスクマネジメントが成否を決めるカギ!
 ただし一方で忘れてはならないのは、賃貸住宅経営のリスク面。投資である以上、いかにそれを 適切に管理できるかが成否を決めることになる。特にアパート経営では、第一に空室リスクが気になるところ。 予定の家賃が入らなければ、収支計画は成り立たなくなる。
 これについて、シノケンのアパートでは先ほど触れた「入居率98%超(※2)」でしっかりとヘッジ。 しかもこの数字、新築アパートだけでなく「築20年以上の物件を含めた実績」だ。高い入居率は 「立地にとことんこだわった結果」と玉置氏は説明する。
 同社では東京、大阪、名古屋、福岡、仙台と、入居ニーズの高い都市圏を中心に事業を展開。 立地も「駅徒歩10分以内」に限定し、利便性や生活環境の良さを軸に徹底して絞りこんでいる。
 もちろん、そうした有望な土地を仕入れるのは簡単ではない。しかしシノケンでは「情報が市場に公開される前に、 希少な優良物件を入手できている」と玉置氏は明かす。
「土地を仲介する不動産会社は、やはり安定的に取引できる会社を選びたい。その点、シノケンは、各地で継続的な 購入実績があります。しかも好条件。そのため優良物件の情報が集まってくるのです」
 そして第二のリスク、家賃滞納についても同社ではグループ会社で厳しく審査。さらに「家賃滞納保証」も入居者に求めながら、 オーナーの収益の安定性をサポートしている。この他、「初回満室保証」や引渡後10年間の「地盤保証」と「建物保証」も完備。 もちろん地盤、建物のチェックは事前に第三機関を含め何度も行うなどリスクマネジメントは徹底している。
「こうした厳格な審査体制や保証制度を基盤にして、当社は土地の選定や保証制度を基盤にして、当社は土地の選定から資金計画の立案、 設計、施工、賃貸管理まで、あらゆる業務にワンストップで対応。エリアに合わせた最適なデザイナーズアパートをご提案しています。 なぜなら部屋が埋まらなければ、管理を請け負っている当社ビジネスも成立しないからです。オーナー様に成功して頂くことが、当社の成功でもあるのです」
 シノケンでは随時無料セミナーを開催し、アパート経営に関する情報提供を行っている。「その時間の半分は、あえて失敗事例を含めたリスクの説明に 当てている」と玉置氏。成功と失敗の差はいったいどこにあるのかー。興味のある人は、一度セミナーに参加してみてはどうだろうか。  

ページ

[無料 資料請求]パンフレット&DVDプレゼント

土地がなくても、自己資金が少なくてもアパート経営はできる

このページの先頭へ

[資料請求]アパート経営のノウハウ満載:無料パンフレット&DVDプレゼント

お電話でのお問い合わせは0120-54-1143 / 受付時間10:00〜21:00(日・祝除く)

ご質問・ご相談はご意見箱よりお寄せください