シノケンプロデュース スタッフブログ【アパート経営のシノケン】

シノケンプロデューススタッフ
不動産投資ブログ

京都の不動産事情に見る、不動産投資エリア検討時の考え方2016.04.19 15:45:00

カテゴリー: アパート経営

皆様、こんにちは。
だんだんと暖かくなり、外に出るのが楽しい季節になってきましたね!

少し前になりますが、昨年12月、京都の分譲マンションが最高価格7億4900万円で即日完売したというニュースが話題になったのをご存知でしょうか?

都市圏では高額不動産の販売が好調です。なかでも、京都の盛り上がりには凄まじいものがあります。

もともと京都市内では、新築マンションやアパートの供給が不足していました。そのうえ、2007年に制定された景観法により、建物の高さや色などに多くの制限が加えられたことが、マンションやアパートの供給不足を加速させたと言われています。また、古くからの地主が多いため、複雑な権利関係など、マンション・アパート建設についてはハードルが高い地域でもあります。

そのような歴史都市としての土地柄やブランド力により、京都は物件が高騰しやすく、今回のニュースのような事態になっています。

投資に最適なエリアとは?

それでは、京都というエリアを「投資目線」で考えるとどうでしょうか?
物件が高騰している、ということは、一見すると投資をするのにも最適なように見えます。

たしかに、バブル経済期の不動産投資のようにキャピタルゲイン(売却益)を得ることを目的にするのであれば、そう言えるかもしれません。

しかし、現在は購入した不動産からのインカムゲイン(運用益)を得ることを目的とする不動産投資に変わりつつあります。

不動産投資を始めるなら、安定的・長期的にインカムゲイン(運用益)を得られるようなエリアを選定していく必要があります。
今回の京都の例で言いますと、たしかに京都は賃貸需要と比較して、物件の供給数が不足しているエリアです。とはいっても、同じエリアの中でも物件単位では生活環境や周辺環境は様々であり、供給不足のエリアだからといって、一概にそのエリアの全てが投資に向いているとは限りません。

不動産投資には、需要・供給・価格・賃料・投資効率などのマーケティングデータと、地域性・将来性も含めた総合的なノウハウが必要なのです。

このようなことを加味しながらシノケンは収益性が高いエリアを中心に物件をご紹介させていただいております。

※収益性が高いエリアの紹介についてはこちら

立地条件にもこだわる

さらに、収益性が高いエリアでも、その物件の立地条件が悪ければ安定的にインカムゲイン(運用益)を得ることは難しくなります。
そこで、シノケンでは、物件を選定する際、以下のポイントを押さえてプロが選定した希少性の高い物件だけをご紹介しています。

・駅から徒歩10分以内
・通勤の利便性や周辺施設など、生活環境が良好

しかし、立地条件の良い土地は、なかなか市場に出回らず、入手するのが困難です。
シノケンは26年の実績で培ったネットワークで全国の不動産会社と提携し、良質な物件をいち早く入手し、お客様に収益物件としてご紹介します。

不動産投資を始めるエリアの検討をはじめ、アパート経営でお悩みの方はぜひ、お気軽にお問い合わせ下さい。

[無料 資料請求]パンフレット&DVDプレゼント

土地がなくても、自己資金が少なくてもアパート経営はできる

このページの先頭へ

[資料請求]アパート経営のノウハウ満載:無料パンフレット&DVDプレゼント

お電話でのお問い合わせは0120-54-1143 / 受付時間10:00〜21:00(日・祝除く)

ご質問・ご相談はご意見箱よりお寄せください