シノケンプロデュース スタッフブログ【アパート経営のシノケン】

シノケンプロデューススタッフ
不動産投資ブログ

大増税時代に突入2014.07.30 19:15:00

カテゴリー: 不動産投資

みなさん、こんにちは。
アパート経営のシノケン、
営業の小柳出(おやいで)です。

ようやく梅雨が明け本格的な夏の到来ですね。楽しい夏休みのご予定を立てている方も多いかと思いますが、不慮の事故やトラブルなどに巻き込まれないよう、くれぐれもご注意ください。


さて、平成27年1月1日から税制改正が実施されます。相続税の基礎控除が引き下げられ、税率も見直しされることはご存知の方も多いことと存じます。

とはいえ、まだお若い方はあまり実感もなく、直接的には関わりないとお考えの方も多いかもしれません。

しかし、改正されるのは相続税だけではありません。
相続税以外にも、贈与税と所得税の税率も改正されることを、意外とご存じない方もいらっしゃるのではないでしょうか。


※相続税は、最高税率が50%→55%に引き上げられ、また、課税標準額が3億円以下の税率が40%→45%に引き上げられます。

※贈与税は、110万円の基礎控除後の贈与額が、300万円超3000万円以下の場合は現行制度よりも税率が5~10%下がりますが、4500万円を超える場合は50%→55%に上がります。

※所得税は、改正前40%が最高税率でしたが、課税所得額が4000万以上の場合、45%の課税に引き上げられることとなりました。


贈与税も相続税同様、若い人には実感が湧きにくいかと存じますが、所得税の税率の見直しは、老若男女問わず高額所得者の皆様には、あまり面白いことではないでしょう。

節税対策の一環として不動産投資に取り組まれる人は多くいらっしゃいますが、とりあえず何でもいいから不動産を買っておけばいい、というものではありません。

リスクも多い不動産投資。高い利回りを確保しても、入居が入らなければ意味がありません。予定通りの収益が入ってこず、最悪のケースでは破たんなんてこともあります。

シノケンのアパート投資は、収益性の見込める土地の仕入れから、賃貸管理や滞納保証、ガスの供給事業に至るまで、ワンストップでご提案が可能です。
本業は継続してお勤めのまま、気軽に不労所得を得ながら、更に節税も出来ればこれほど良いことはないのでしょうか。


この大増税時代に何もしないことは大きなリスクです。


シノケンには『宅地建物取引主任者』を始め、『ファイナンシャルプランナー』『賃貸不動産経営管理士』『住宅ローンアドバイザー』『行政書士』等の有資格者である、不動産、投資のプロが多数在籍しております。

皆様、お気軽にご相談いただければ幸いです。ぜひ、気兼ねなくお声掛けください。

[無料 資料請求]パンフレット&DVDプレゼント

土地がなくても、自己資金が少なくてもアパート経営はできる

このページの先頭へ

[資料請求]アパート経営のノウハウ満載:無料パンフレット&DVDプレゼント

お電話でのお問い合わせは0120-54-1143 / 受付時間10:00〜21:00(日・祝除く)

ご質問・ご相談はご意見箱よりお寄せください