不動産投資用語集

定期借地権方式

定期借地権方式とは、土地の所有者が、一定期間の間、個人や企業に貸す方式です。一定期間後、更地となって土地が返還され、貸している間、保証金や地代などの利益を得ることができます。また、相続税や固定資産税の軽減や、相続税の納付対策にも有利になります。定期借地権には、50年以上の契約期間の「一般定期借地権」、30年以上の「建物譲渡特約付き借地権」、10年以上50年以下の「事業用借地権」などがあります。

関連キーワード

[無料 資料請求]パンフレット&DVDプレゼント

土地がなくても、自己資金が少なくてもアパート経営はできる

このページの先頭へ

[資料請求]アパート経営のノウハウ満載:無料パンフレット&DVDプレゼント

お電話でのお問い合わせは0120-54-1143 / 受付時間10:00〜21:00(日・祝除く)

ご質問・ご相談はご意見箱よりお寄せください