不動産投資用語集

小規模住宅用地

小規模住宅用地とは、住宅一戸につき200平方メートル以下の場合のことをいいます。 アパート経営の場合、各戸が一戸と認められますのでほとんどが小規模住宅用地となります。 これに対し、住宅一戸につき200平方メートルを越える場合は、一般住宅用地となります。 固定資産税は、一般住宅用地の場合は評価額の三分の一ですが、小規模宅地用地の場合は評価額の六分の一に軽減されます。

関連キーワード

[無料 資料請求]パンフレット&DVDプレゼント

土地がなくても、自己資金が少なくてもアパート経営はできる

このページの先頭へ

[資料請求]アパート経営のノウハウ満載:無料パンフレット&DVDプレゼント

お電話でのお問い合わせは0120-54-1143 / 受付時間10:00〜21:00(日・祝除く)

ご質問・ご相談はご意見箱よりお寄せください