不動産投資用語集

相続税

相続税とは、死亡した人の財産を相続したときや遺言によって財産を取得したときに納める税金のことです。亡くなられた人を被相続人、相続によって財産を受け継いだ人を相続人といいます。相続した財産は原則として全て課税対象となりますが、墓地、神棚、仏壇などは非課税です。さらに、被相続人が支払っていた生命保険金や死亡退職金についても「法定相続人×500万円」までは相続税がかかりません。(今後税制の見直しが検討されています。)相続人の借入金の額は相続財産から差し引きます。土地、株式など相続財産はそれぞれ一定のルールで見積もり、課税価格を求めます。相続税には、5,000万円+(1,000万円×法定相続人の数)の基礎控除があり(見直しが検討されています)、これを超えた遺産に税金がかかる仕組みになっています。例えば法定相続人が2人の場合、取得した遺産が7,000万円までであれば非課税となります。

関連キーワード

[無料 資料請求]パンフレット&DVDプレゼント

土地がなくても、自己資金が少なくてもアパート経営はできる

このページの先頭へ

[資料請求]アパート経営のノウハウ満載:無料パンフレット&DVDプレゼント

お電話でのお問い合わせは0120-54-1143 / 受付時間10:00〜21:00(日・祝除く)

ご質問・ご相談はご意見箱よりお寄せください