不動産投資用語集

キャピタルゲイン

キャピタルゲインとは、株を安く買って、高く売ったときに得られる利益のことです。「値上がり益」「売却益」「譲渡益」「売買差益」などと言います。株を買って値上がりしたところで売って得た利益の他に、株を空売りして値下がりしたところで買い戻した時に得た利益などもキャピタルゲインとなります。 一方、株を保有していることで得られる配当益などはインカムゲインです。税金面では、キャピタルゲインに対する課税と、配当に対する課税の両方が課せられます。 税務上は「譲渡所得」で、一般の給与所得や事業所得などとは別に分離課税されます。特に個人の株式譲渡益課税のことを「キャピタルゲイン課税」と呼び、申告分離課税が原則です。値下がりして損失が出た場合は「キャピタルロス」となります。 「Capital」の意味は資本または元金のことです。

[無料 資料請求]パンフレット&DVDプレゼント

土地がなくても、自己資金が少なくてもアパート経営はできる

このページの先頭へ

[資料請求]アパート経営のノウハウ満載:無料パンフレット&DVDプレゼント

お電話でのお問い合わせは0120-54-1143 / 受付時間10:00〜21:00(日・祝除く)

ご質問・ご相談はご意見箱よりお寄せください