不動産投資用語集

インカムゲイン

インカムゲインとは、株式の配当、債券の利子、預金等の利息収入のことです。 資産運用や投資に対するリターン(成果)のひとつで、資産を手放さずに安定的・継続的に得られる収益(所得)のことを指します。 株式投資の場合は配当金、預貯金などの場合は受取利子(利息収入)、投資信託などの場合は収益分配金、不動産の場合は賃料収入などです。元本に対する1年間のインカムゲインの割合をパーセンテージで表したものが「利回り」で、収益性の指標になります。インカムタックス(income tax)は所得税です。 インカムゲインは保有し続けることによって得られる現金収入ですが、それに対して、証券が値上がりしてそれを売却して得た利益はキャピタルゲイン(譲渡益)と言います。 インカムゲインとキャピタルゲインは、それぞれ別の体系で税金が取られます。また、インカムゲインとキャピタルゲインをあわせたリターンをトータルリターンと言います。

[無料 資料請求]パンフレット&DVDプレゼント

土地がなくても、自己資金が少なくてもアパート経営はできる

このページの先頭へ

[資料請求]アパート経営のノウハウ満載:無料パンフレット&DVDプレゼント

お電話でのお問い合わせは0120-54-1143 / 受付時間10:00〜21:00(日・祝除く)

ご質問・ご相談はご意見箱よりお寄せください